08 | 2017/09 | 10 - - - - - 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
林家いっ平 おすすめの1品
2008年11月22日 (土) 20:55 * 編集
明太子好きの僕も気になる1品
愛知県民なので、明太子との出会いは20代
初めて食べた時の美味しさは衝撃的でした。
お取り寄せできるから、注文しようかな



いっ平さんのコメント
僕ら落語家は、移動と楽屋と高座の連続ですから、地方へ行っても観光する時間はありません。唯一ゆっくりできるのが、空港の待ち時間くらいのものです。3年くらい前のことでしょうか。九州で落語会がありまして、その帰りの福岡空港でのことです。
福岡空港って、ご存知の方も多いと思いますが、売店がズラっと並んでいて、ものすごくたくさんの種類の辛子明太子を扱っています。ほとんで生タラコみたいなのもあれば、真っ赤なのもあって、特に激辛は何種類もあります。それで、「とにかく辛い明太子を探そう!」ってことになり、そこにいた落語家全員が「せーのっ」で激辛明太子を買いに行ったんです。これを、ビールを飲みながら待合所のラウンジで試食しました。激辛って書いてあっても、そんなに辛くないのもあるし、表面は辛くても中まで味がしみてなかったり、ほんとうにいろいろ。でも「からか」は正真正銘の激辛。ひと口食べただけで覚醒させられるような衝撃が走りました。この辛さがビールとよく合う。体がシャキッとするような辛さがいい。目が覚めるというか、これを食べると元気になる(笑)。人間、どこかで辛いモノの刺激を欲しているんでしょうね。
やっぱり炊きたての「おまんま」にのせていただくのが最高ですね。今の季節だったら新米の、あの艶のある甘さの上にちょこんとのせた「からか」。みずみずしい新米のおいしさを最高に引き出してくれます。
あとね、お酒のあとの「からか」でお茶漬け。これもいいです。お茶は焙じ茶。これを食べると不思議なことに翌朝調子がいいんです。
パスタもいい。ゆで上げパスタにざっくり混ぜ合わせて、僕的には、海苔より大葉のトッピングが好きですね。
僕ら落語家は、「味で景色を見る」というか、食べ物でしか観光できないんです。気分転換もしにくい。ですから、その土地のおいしいものをできるだけ食べるようにして、楽しむ工夫をするんです。
それにおいしいものを食べていると、人の悪口なんか絶対言わないじゃないですか。気分がいいからいい顔になります。おいしいものってリセットのきっかけになるから、とても大切なんです。
帝国ホテルの社長だった犬丸一郎さんの言葉に、「人生は旨いものを食って死んでいくのがいい」というのがあるんです。僕それを聞いて、ほんとうにそうだなと思いました。だから好きなものをお取り寄せできるのはほんとうにうれしい。「からか」には、超高層ビルや東京スカイツリーを見上げるような衝撃があって好き。この刺激が手軽に味わえるなんて最高です。

スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。