07 | 2017/08 | 09 - - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中古車情報 ALFA 164 クワドリフォリオ希少なマニュアル5速!オールペン仕上げ!
2006年04月29日 (土) 21:45 * 編集
アルファロメオ164クワドリフォリオ希少絶版車!colle旧車
価格 1,280,000円 (税込1,344,000円) 送料別

車体情報
ALFAROMEO社がFIATに買収されて始めてのFFのモデルである「ALFA164」に伝統の四葉のクローバーという意味の名を冠したスポーティーモデル
「クアドリフォリオ」です。
伝統のあるFRメーカーであるALFAROMEO社がFIATに買収されて意気消沈していたのは言わずもがなですが、そこは伝統あるメーカー、誇りあるエンジニア達の集団です。
当時、シャーシを共有する事でコストを下げて世界的な競争に勝とうということで推し進められていた「クワトロプロジェクト」に参加していたFIATクロマLANCIAテーマ、SAAB9000と共通のシャーシを与えられたアルファのエンジニア達は考えました。
「FFにおいてもアルファらしさ」を追求する事を。
そこで取られた手法はストラットサスペンションを前方に移動しボンネット高を下げAピラーも寝かせてウエストラインを絞りルーフ高も引き下げられてセダンでありながら「スポーツ」を意識させるデザインをフェラーリのデザインを任せられている「ピニンファリーナ」と共に作り出しています。
ここまで他社と雰囲気が違うボディーを使用すれば自ずと共有シャーシのコスト削減の意味はもう無い。
しかし「美しく」なければいけないアルファロメオにはこの作業は他社のシャーシ共有車よりデビューを遅らせてでも完成させなければいけなかった。
また肝心の心臓部である伝統のアルファV6は新たに4バルブ化しカムプロフィールエンジンマネージメントなどを「クワドリフォリオ」専用に練り直してあり日本に数多いAT仕様の164とは明らかにキャラクターを変えてある。
これもまた「美しく」なくてはいけないのと同時に「エンジンには魂を」入れなければいけないアルファロメオの宿命でもあります。
現在のアルファにも息付いてはいるこの思想も排ガスの規制などの問題から鋭いピックアップを出せずにいる現行モデル達からみるとまるで「レーシングカー」のようなエンジンフィールを実現しています。
そしてアルファがアルファである所以「アドレナリンが吹き出るような走りの快感」を生み出す為に更に工夫をされているのが足回りです。
フロントエンジンの前輪駆動を余儀なくされたエンジニア達はかのアルファスッドにミラクルなコーナーリングを与えた手法を再度使用し、前輪のネガティブキャンバーは-1°を超えて寝かされそれに合わせてトーは1mmもアウトに振られている攻撃的な
アライメントでFF車にあるまじき素直でビビットなコーナーリングを実現しています。
マニュアル5速ミッションに専用フルエアロを装着、室内もブラックレザーで統一され
シートやダッシュボードまで赤いステッチで設えてあります。
市販車の中で最も官能的なユニットである事に異存は少ないでしょう。
現行モデルである156のV6エンジンが官能的だというのなら、このエンジンをお試し下さい。
「本当のアルファV6」を味わえます。

ショップLINK


アルファロメオ164クワドリフォリオ希少絶版車!colle旧車
写真をクリックすると詳細情報・購入方法がUpされます。気になった方は是非この機会に・・・。
今後も中古車情報を公開していきますので、ご期待ください。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。