04 | 2017/05 | 06 - 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 - - -
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムスリップVVol.2
2013年05月17日 (金) 16:13 * 編集
先ほどの美浜町上野間に引き続き、さらに古い町並みが現存する知多市岡田に足を延ばしました。
ココのは大正・明治と古い建物がいっぱい!こんな身近に大正・明治の街が生かされていた。
大通りからは見えないので、探すまで少し迷いましたが苦労したかいがあって素敵な写真が撮影できました。

まずは、大通りから細道に入ると 登録有形文化財に登録された知多岡田簡易郵便局が目に飛び込んできた
愛知県知多市岡田は、江戸時代から昭和30年代頃まで知多木綿の産地として栄えた町で、緩やかな曲線を描いた坂道の両側に断続的ではあるが土蔵や板塀が建ち並び、昔のままで私たちを迎えてくれる。その中心となるのが明治時代の洋館風の知多岡田簡易郵便局である。隣接して木綿蔵ちた、なまこ壁の蔵や、その他土蔵など約90棟が散在する。
 岡田郵便局は、1899(明治32)年に横須賀郵便会所の集配区の郵便受取所として民家で始まり、1901(明治34)年岡田郵便局と改称、現在の局舎は1902(明治35)年に現在地に新築され、現在も現役で使用されているところが凄い。
ここからは、撮影した写真を公開・・・・♬
13051704.jpg
手前に映り込んだ素敵な壁を有する蔵は大正時代に建設されたもの。
これぞ、蔵って感じ!
13051705.jpg

13051707.jpg

13051708.jpg

郵便局の横にはもう1軒蔵があり、そこはお店になっていました。
奥様をターゲットにしたようなお店だったので入りませんでしたが・・・。
13051709.jpg

この奥の通りにさらに素敵な街並みが続きます。
13051706.jpg

13051710.jpg

13051711.jpg

13051712.jpg

13051713.jpg

13051714.jpg
以上で、おしまい♬
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。