03 | 2017/04 | 05 - - - - - - 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 - - - - - -
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【パリモーターショー08】ピニンファリーナのEV いよいよ市販へ
2008年10月07日 (火) 21:35 * 編集
imgres114646_1_r.jpg
ピニンファリーナは10月2日、パリモーターショーで電気自動車(EV)の『Bゼロ』を発表した。最大航続距離250km、最高速130km/hという高い実用性を備え、2010年に欧州で発売される。

ピニンファリーナはフェラーリなどのデザインを行うカロッツェリアとして有名だが、EVの開発に積極的に取り組んできたことでも知られる。2008年1月にはフランスのBolloreグループとEVの共同開発で合意。市販に向けた準備を進めてきた。

今回発表したBゼロは、Bolloreグループが約15年かけて研究開発したリチウムイオンバッテリーを採用。このバッテリーは家庭用コンセントから数時間で充電でき、フル充電時には250kmという長距離を走行できるのが特徴。さらに、0-60km/h加速は6.3秒、最高速は130km/hと文句なしの実用性を持つ。ボディにはソーラーパネルを備え、走行中にも充電できるように配慮した。

バッテリーはボディ中心部の床下に搭載。ピニンファリーナは「重心を下げると同時に、ボディ中央に重量物をまとめることで、ハンドリングも向上させた」と説明する。ボディは5ドアで、大人4名が乗車できる居住性も確保している。

Bゼロは2009年末にイタリアのトリノ工場で生産開始。欧州へ2010年に投入される。ピニンファリーナらしく最新のデザイントレンドを盛り込んだ外観は、小型車ながら抜群の存在感。ヨーロッパの街並みに似合いそうなEVの誕生だ。
スポンサーサイト
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。